横浜を拠点に、笑顔を創るための仕事をしている
ノガンの日々を綴っています。
砂漠に生まれた未来都市
成田発ドバイ行き、エミレーツ航空652便。

イスラム料理を楽しみつつ、
韓国、中国、インドと様々な国々を飛び越えながら
旅の目的地、中東屈指の世界都市ドバイへと向かいます。

nogan

アラビア半島ペルシア湾に位置するこの地は
摩天楼の連なる幻惑的な都市国家として
中東随一の繁栄を誇っています。

アラブの小さな漁村のまちは、わずか40年の間に
砂漠の中のメトロポリスとして変貌を遂げます。

nogan

経済的にも都市計画的にも成功をおさめていく自国の様相を感じつつ、
自らの生活も様変わりしたドバイ人。

その恩恵を受ける為に流入してきた全人口の8割を超える外国人。
そして、世界各地から集まる溢れんばかりの外国人観光客。

NOGAN

言語、ネットワーク、資源、そして多民族で暮らしているという実体験。
更なる成長を続けるドバイの中で、
日本人が持ち合わせていない様々な価値を使い、
どういう未来を描いていくのだろうか。

nogan

日本とは全く異なる価値を持った砂漠の近代国家をあとにして
次の目的地、インド洋に浮かぶ島モルディブに向かいます。


NOGAN
【旅の出来事】 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.nogan.jp/trackback/131
<< NEW | TOP | OLD>>